電話占いと妬み

何かを悩んでいる人と言うのは、危ういものであり、下手をすると、妬みなどから、誰かの事を恨んだり、相手に悪い気を送ったり、自分自身にまで、悪い気を与えたりもする確立があります。

人を呪わば穴二つ」という言葉がありますが、人を呪う様な行為は、自分にも何らかの影響があるので、墓穴は二つ用意しておけと言うことわざです。

それは、電話占いなどに来る相談に顕著に表れており、実際の相談者の多くは、意中の人と結ばれるための相談ではなく、意中の人のパートナーに対する恨みごとを言ったり、別れさせる為の相談だったりします。

その様な考えは、意中の相手や、そのパートナーに悪い気を送り続けている用なものですので、良い訳がありませんし、冒頭にある様に、自分にも悪影響を与えます。

悪い考えが膨らんでいってしまえば、何故自分だけがこの様な状況なのかと、世の中全てを妬む様になってしまい、何をしていても楽しくなくなり、周囲に対して、悪い気を撒き散らしている様なものです。

そうならない為にも、電話占い夢桜では、周りを妬んでいる相談者には、良い方向に行くように導くために、占いだけではなく、その様な気持ちを軽減させるように良い波動を送ったりもするのです。

客観的目線

ある電話占い師に聞いた話しですと、良い運勢を切り開いていくためには、自分の事を客観的にみる事が大切だと言います。

客観的に自分を見るためにすべきこと

容姿一つをとっても、今の髪型は人にどの様な印象を与えているのだろうかとか、自分の立ち振る舞いなども省みて悪い印象を与えたのではないかと、様々な事を考える事が大切なのだと言います。

その電話占い師が言うには、だらしない生活をしていたり、時間にルーズだったり、人に悪印象を与えてしまう様な生活は、良い運勢も遠ざけてしまうのだと言うのです。

逆に、しっかりと生活をしていれば、人からも好印象を受けるので、自然と異性や上司などに好かれやすくなるでしょうし、そう考えると、異性運や仕事運が上がっていると考えられるのではないでしょうか。

しかし、その様に自分の事を客観的に見ようとしても中々難しいもので、人に聞いたとしても、遠慮してしまい、正直な答えが返ってくるとも限りません。

その為に、電話占いなどを利用すると、客観的な自分だけではなく、自分は気づき様もない様な事実が判明するかもしれませんので、自分自身の事をより知りたくなった場合は、電話占いを活用してみると良いかもしれません。